♡ Aida Misa(BLOG) ♡ › カルロス 聖なる帝国の覇者 あらすじ

2018年03月01日

海外ドラマ「カルロス~聖なる帝国の覇者~」チャンネル銀河放送!



チャンネル銀河で放送し、人気を博したスペインの歴史ドラマ。


カトリック両王であるイサベルとフェルナンドの孫であり、フェリペ美公、狂女フアナを両親に持つカルロス。彼は、新大陸のインカ帝国やアステカを征服し、中央、西、南ヨーロッパの広大な領土とアメリカ大陸、アジアのスペイン植民地を手に入れることで「太陽の沈まない国」を築き上げた。ヨーロッパ最大の勢力を有した神聖ローマ帝国皇帝および、スペイン王として君臨。その壮大な半生を描いた歴史ドラマ。


フランドル生まれのカルロスは、王位を継承すべく、カスティーリャに降り立った。しかしアラゴン王フェルナンドの後妻ジェルメーヌを始めとしたカスティーリャの有力者たちは、イサベル女王が指名した後継者のカルロスではなく、カスティーリャで生まれ育った彼の弟フェルディナントを擁立しようと画策していた。苦難の末に王位を継承するカルロスカルロス~聖なる帝国の覇者~。しかし、神聖ローマ帝国次期皇帝の座をめぐる争いや宗教問題、フランスやオスマン帝国との対立といったさらなる困難が彼を待ち受けていた・・・。

   


Posted by あいざわ なほこ at 14:02Comments(0)カルロス 聖なる帝国の覇者 あらすじ